2008年08月18日

石炭ラーメン

先月、我が妹が札幌に遊びに来た際、うちに泊まっていったんだけど、その貢ぎ物として芦別土産『石炭ラーメン』をくれました。

石炭ラーメン箱080727.jpg

・・・ビミョー。。。
黒い物は体にいいっていうけどさ。
食べ物の見た目って大事だよね。

作ってみました。
冷蔵庫にあった野菜を適当に炒めてのせてみました。

石炭ラーメン080727.jpg

真っ黒・・・あせあせ(飛び散る汗)
イカスミ入りの味噌スープと、竹炭入りのちぢれ麺。


exclamationexclamationexclamation
ウマっひらめき
濃い目の味噌スープは、コクがあってとっても美味ぴかぴか(新しい)
生臭さなんて全くなし。
こりゃーいいモンいただきました〜

ありがとーーー(*^ー^*)
posted by まゆ at 20:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

今度は道南1泊2日〜函館観光編〜

小旅行2日目。
天気はイマイチ曇り

でも函館に来たからには、函館山に登らなきゃね。

函館山

↑函館山展望台から

一応下まで見えるけどモヤってる。。

下山して、付近を散策。

080802_1042~0001.jpg

080802_1101~0001.jpg

↑坂

とにかくたくさん坂がある。
ひとつひとつに名前がついてる。
どの坂も先が海に続いてる感じで、なかなか趣がある。

どの坂が何て言う坂か忘れちゃったたらーっ(汗)

080802_1053~0001.jpg

↑旧函館区公会堂

明治43年(1910年)に建てられた、ブルーグレーとイエローの色が特徴的な建物。
明治44年には大正天皇が皇太子殿下の時にお泊まりしたそうな。
館内は見なかったんだけど、その貴賓室、130坪の大広間など、当時の華やかな雰囲気をそのままに残しているんだって。

080802_1104~0001.jpg

↑ハリストス正教会

名前のハリストスとはキリストのこと。
江戸末期、ロシア主教ニコライによって日本で初めてロシア正教が伝導され、ロシアの領事館及び礼拝堂として建てられた教会。

080802_1159~0001.jpg

↑金森倉庫

ブラブラスポット。
お土産はもちろん、普通の雑貨などたくさん置いてる。
買い物するのもいいけど、ここを歩いてるってだけで、なんだか満足する場所。

080802_1322~0001.jpg

↑ラッキーピエロのチーズバーガーファーストフード

函館に来たら食べておきたいラッキーピエロ。
でかい!
肉が厚い!
ソースがデミソースなのかなぁ・・・とにかくウマイ!


そんなんで道南小旅行終了ダッシュ(走り出すさま)
だらだらと長期間に渡って書いちゃってすみません<(_ _)>


posted by まゆ at 09:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

今度は道南1泊2日〜函館花火編〜

だいぶ間があいてしまったけれど・・・
続きです。。


今回の小旅行のメインイベントは函館の花火大会。
1万発上がるっていうから期待大!

花火前

↑中央埠頭から緑の島を眺めた図。
後ろに函館山がある。
花火の打ち上げ場所は「緑の島」というところで、港一帯からよく見える。
中央埠頭から観覧することに。

080801_1949~0001.jpg

↑海に上がる花火って、海に映ってきれい。

080801_2030~0001.jpg

080801_1953~0001.jpg

↑仕掛け花火っていうのかな?

080801_1952~0001.jpg

風がないし、ちょっと曇ってたから、せっかくのでっかい花火が全部見えない。。。

080801_1949~0002.jpg

080801_2031~0001.jpg

本当はクライマックスのガンガン打ち上がってるとこを撮りたかったんだけど、写真に気を取られるとしっかり見れないので、肉眼で見ることに集中させていただきました<(_ _)>


やっぱり数が多い花火はいいね〜〜
変な間がないし。
迫力あるし。
雲?煙?が残念だったな。


その後ホテルに帰り、温泉に入ってビール飲んでご就寝眠い(睡眠)

2日目に続く
posted by まゆ at 11:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

今度は道南1泊2日〜しかべ間歇泉公園編〜

何となく地図を見ていて、「間歇泉公園」なる文字を発見し、ネットで間歇泉を調べると・・・

『間歇泉とは周期的に地面から噴き出す温泉』

これは楽しそうじゃない?
函館行く途中だし、大沼公園の近くだし、行っとこ!

そんなんで、大沼公園を散策した後に『しかべ間歇泉公園』に行ってきました。

間歇泉入り口.jpg

↑こちら入り口
お屋敷みたいな造り。
ここから先に入るには、大人300円が必要。

中はお屋敷の庭のような雰囲気になっていて、日本庭園風。
間歇泉が噴き出す井戸のようなものが隅っこに設置され、足湯も楽しめる。

足湯

↑足湯中
きたない絵でごめんなさい。。。
かなり熱めの湯。
いや、足湯初体験だったからわからないけど、このぐらいの温度が普通?
足しか入れてないのに「あぁ〜〜」と声がもれてしまう気持ちよさいい気分(温泉)
足ふきタオルも用意されてるの。

足湯からの間歇泉

↑足湯しつつ間歇泉を見た絵
足湯しながら間歇泉をゆっくり見れる造りになっている。

間歇泉・強

↑勢いよく飛び出る湯
約10分間隔で熱湯が出る。
HPには6分とあったから、気温によって違ったりするのかも。
初めは湯気がだんだん増えてきてモクモクし、ボコボコと沸騰する音が聞こえてくる。
その後、ブシューーっと何かから解放されたように噴射。

間歇泉・弱

↑勢いなくなってきた
少しずつおさまっていく。


これってやっぱ、夜中も噴き出しちゃうんだよね。。
誰も見てないとこで、手抜きせず勢いよく噴き出しちゃうんだよね。。
地球に休みはないんだねぇ。。
生きてるんだねぇ。。


つつく

posted by まゆ at 08:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

今度は道南1泊2日〜大沼公園編〜

函館の花火大会が見たい!ってことになり、今度は道南へ小旅行。

日本海側は去年の上ノ国サマーライブの時にまわったので、今回は太平洋側中心に観光することに。
 
途中、長万部の『かなや』でランチタイムレストラン
メニューがめっちゃたくさんあって迷ったあげく、普通にナポリタンをご注文。。。
しかし!これが普通のナポリタンとはひと味違う!
えび・いか・しじみ入りのシーフードナポリタン!うまっ!(^o^)

お腹が満たされると眠くなるのよねぇ・・・これは仕方ないのよねぇ・・・人間だもの。。。


目覚めるとすでに大沼(^^;)
大沼国定公園に到着。

大沼国定公園は、北海道の南西部渡島半島の中央部に位置し、活火山である駒ヶ岳と、噴火によってできた大沼・小沼・蓴菜(じゅんさい)沼をはじめ大小の沼、自然豊かなその周辺地域一帯が指定されているそうな。
総面積は9,083ヘクタールで、七飯町・鹿部町・森町にまたがっている。

大沼国定公園・展望台から

↑日暮山展望台からの眺め
透明度はほとんどなく、まさに沼って感じ。
そこで、沼と湖って何が違うの?って思うでしょー

『沼(ぬま)とは湿地の一種。池や湖との区別は明確ではないが、一般に水深5m以内の水域であり、イネ科やシダ、ヨシ、ガマ、スゲなどの草に占められ、透明度が低く、規模があまり大きくないものを指す。湖沼学上では、水深が浅く水底中央部にも沈水植物(水草)の生育する水域と定義される。』

ですって。
明確ではないんだね。

大沼・橋

大沼・橋ハス

大沼・ハス

『晩春から夏にかけて、ヒツジグサやコウホネなどの水草類が花を咲かせます。』と書いてあったので、どれがどれかわからないけど、どっちかがどっちかだと思うたらーっ(汗)

湖の方が、透明度があって水が青くて見た目は綺麗だけど、水面に花が咲いてることはない。
これはこれで素敵だぴかぴか(新しい)

遊覧船に乗り込む標準語じゃない人々、足こぎボートに乗ってる家族連れ、20人くらいでつながった自転車に乗り大行列をなしてる中国国民(ニーハオって言ってたから)を横目に、次なる目的地へ・・・。

つづく
posted by まゆ at 10:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。